介護現場の裏側

介護の本音です クレーマー家族から虐待etc これから介護やりたい人は見てね

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Oculusから、スタンドアローン型VRヘッドセットの最新モデル「Oculus Quest 2」がついに発表された。発売は10月13日で、64GBモデルが33,800円、256GBモデルが44,800円(どちらも税抜)となる。Amazonや公式ストアをはじめ、ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店でも購入可能だ。



    早速だが、昨年5月に発売された初代「Quest」から何が進化したのか、そしてどのような点が魅力なのかを、1週間以上試した結果をもとにお伝えしていこう。

    「Quest 2」(左)と「Quest」(右)を比較

    先に結論をお伝えるすると、これは「買い」の製品だ。早々に自腹購入が決定してしまった。なお、記者は初代Questユーザーなので、これから購入したい方はもちろん、前モデルからの買い替えを検討している方の参考にもなると嬉しい。

    PC不要で「VRの世界に入り込める」大ヒットモデルに待望の新モデル

    本製品は、6DoFをスタンドアローンで体感できるVRヘッドセット。VRに馴染みのない方に解説しておくと、6DoFとは、首の回転/傾き(3DoF)だけでなく、体の移動(上下左右)も認識できるということ。つまり、映像を見るだけでなく “実際に体を動かして体感できる” のだ。安価なスマホVRは3DoFなので、大きな違いはここにある。

    3DoF(左)/6DoF(右)

    このような6DoFは、少し前までは高性能PCと接続しないと実現できなかった。それを打ち破ったのが前モデルにあたる「Quest」だ。VR体験を始めるには、5 - 10万円もするVRヘッドセットに加えて、だいたい10万円以上のゲーミングPCが必要だったが、それを約5万円のQuestだけでも楽しめるようになった。

    そういった初期投資のハードルの低さ、PCとケーブルで繋がなくても良いという手軽さにより、初代Questは入荷したらすぐ在庫切れになる大ヒットモデルとなった。

    ではその大ヒットモデルが、Quest 2になってどのように進化したのか。初代Questユーザーの立場からはっきり言わせてもらうと「ほぼ全てがよくなった」。不満点の多くが解決されている。既存ユーザーは歯がゆい思いをするかもしれないが、一方でこれから購入するユーザーはラッキーだろう。

    初代Questユーザーのために予めフォローしておくと、アップデートは今後も継続していくそうだ。Oculusストアに並ぶゲームについても、Quest 2とQuestの両方で動くように開発していくらしいので、今後出てくるコンテンツが遊べなくなるという心配もない。これからも問題なく愛用できるので、ぜひ安心してほしい。

    本体はコンパクトに。柔らかいストラップで持ち運びやすく

    前置きが長くなったが、「Quest」と「Quest 2」の違いを比較しながら、スペックについてお伝えしていこう。ポイントは、価格/重さ大きさ/スペックの3点だ。本体は小型化しながらも、スペックと画面解像度を向上。それでいて価格は、Questの税込49,800円から税込約37,180円と、1万円以上も安くなっている。

    また、新たに今回から家電量販店でも購入できるようになった。これまでは英語のみだったパッケージや説明書なども日本語に対応し、ローカライズも強化。より多くの方が購入しやすく、使いやすい製品になった。

    最初にレンズに貼られている注意書きも、英語/フランス語/ドイツ語に加えて日本語が追加(左)。右はQuestのもの

    まず本体を並べてすぐわかるのが、色の違い。前モデルのブラックからグレーに変更された。無印良品が採用するライトグレー色に近いように思うので、ガジェット感が少なくインテリアに馴染みそうだ。顔に当たるパッドの部分と接眼レンズの周囲には濃いグレーを採用し、光の反射による画質低下に配慮している。

    表面は梨地加工のマットな質感

    「Quest 2」(左)と「Quest」(右)を並べた様子

    サイズに関しても、並べるとQuest 2が一回り小さいことがわかる。外形寸法はQuestが193×105×222mm、Quest 2が191.5×102×295.5mmとわずかな変化。しかし、Quest 2は本体部分が小さくなっているため、数値以上のコンパクトさを感じる。

    顔に当たる部分の素材が変更。左が新モデル/右が旧モデル

    「Quest 2」(左)はコンパクトサイズになった

    また、ヘッドストラップも変更された。Quest 2ではゴム紐のような素材を採用。初代Questは硬いゴム素材のため、折りたたむことはできなかった。装着感については後述するが、コンパクトに収納できて持ち運びやすいのは嬉しい。

    柔らかいゴム素材に変更

    Oculus 2はヘッドストラップがコンパクトに

    質量は571gから503gと、約10%軽量化。とはいえ装着感も変更されたので、違いは特に感じることができなかった。オールインワンのため、全ての要素をヘッドセットに集約しているのでしかたない部分はあるが、長時間装着するためには、むしろもう少し軽量化してほしいところだ。

    メガネスペーサーも引き続き付属。メガネと接眼レンズの接触を防止する

    さらに外観をしっかり見てみると、正面には4つのカメラを搭載。そして側面にはUSB Type-C端子、ステータスLED、3.5mmのイヤホンジャックを備える。下部にはボリュームボタンが配置され、ヘッドストラップには3Dオーディオ対応のスピーカーも搭載する。

    ヘッドストラップの根本付近にスピーカーを内蔵

    下部の様子

    Questとの違い細かく挙げると、Quest 2ではUSB Type-C端子が移動して端子が横向きになった。イヤホンジャックは左右2つ搭載していたものが、正面右側の1つに削減。そして下部はボリュームのみとなり、QuestにあったIPD(瞳孔間距離)のスライド調整がなくなっている。

    右側面

    左側面

    自然な立体視を行うには、ユーザーごとに最適なIPDの設定が必要だ。Questではミリ単位で調整できたが、Quest 2では58/63/68mmの3段階に。手で接眼レンズの周囲をもち、ガチャンと移動させるかたち。Questで61mmが最適だった記者からすると同じ設定がなく不安だったが、63mmでも問題なかった。このあたりは個人差があると思うので、心配な方は購入前に試してほしい。

    また、ヘッドホンの端子が1つに削減されたことは個人的に残念だった。Questでは純正イヤホンを使用すると、左右それぞれの端子から片耳ずつ接続できるので、ケーブルが邪魔にならなかった。人気のない使い方だったのかもしれないが、1つだと通常のイヤホンを使うことになり、ケーブルが垂れ下がってしまうのは少し気になる。

    この他にも、低価格化により簡略化されたと見られる部分は多い。ヘッドセット本体の外周にはファブリックが貼られていたが、新モデルでは素のプラスチックに。フェイスパッドも従来はスポンジとファブリックを貼り付けたような構造だったが、新モデルではそのままのスポンジになっている。全体的な質感は若干チープ感があり、コストダウンを実感させられた。

    コントローラーはさらに持ちやすくなった

    コントローラーも新しいものに刷新されている。リングの部分の大きさは同じなので、大型化した印象はないが、グリップの部分は太く、より持ちやすくなった。担当者によると、初代Rift用のコントローラーから着想を得たデザインだという。
     
    新タイプ(左)と旧タイプ(右)の比較

    Questでは細い棒を持っているような感覚もあったが、よりエルゴノミクス感が強くなり持ちやすくなった。持ったときに親指を置いておける場所も用意。ゲーム中は人差し指/中指のトリガー操作が多く、親指でボタンを押さない場合も多いので、誤操作が起きにくそうだ。

    コントローラーを持った様子

    だが、一方で若干重くなっている。そのため、BeatSaberのように腕を振り回すゲームを遊ぶ場合、遠心力が加わると重さが気になってくるかもしれない。なお電池は単3電池1本となるが、初代同様にエネループでもしっかりと動作した。

    本体同様、コントローラーにも低価格化の努力が感じられた。Questではグリップの裏側はゴム張りだったが、素のプラスチックに変更。また電池収納部の蓋は、はめ込むだけの方式となった。Questではマグネット固定のため高級感があったが、一方でプレイ中に蓋が外れやすかった。それが解消されたのは嬉しい。

    コントローラーのバッテリーは単3電池1本

    解像度もスペックも大幅進化。よりストレスのない没入体験へ

    画質について、新モデルで大きく進化したのが解像度の向上だ。Questでは片目あたり1,600×1,440だったが、Quest 2ではピクセル数が50%増えて1,832×1,920に。VRはピクセルとピクセルの間が格子状に見えて気になってしまう「スクリーンドア」という問題があるのだが、これがかなり改善された。

    余談だが、QuestはRGBペンタイル方式を採用するため、数値上のスペックよりも、実解像度は低くなっていた(RとBのサブピクセルが間引かれているため)。そのため、RGBストライプ方式のQuest 2と比較すると、体感ではピクセル数が50%増加した以上の高解像度化に感じる。

    RGBストライプ方式(左)/RGBペンタイル方式(右)

    個人的な感覚だと、Questでは一昔前の荒いディスプレイを見ているようだった。しかしQuest 2では、フルHDのPCディスプレイを見ているくらいの体感だろうか。凝視しないとドット感が気にならないうえ、プレイに集中しているとピクセルの存在が感じられなくなってくるので、より没入感のある体験ができるだろう。

    「Quest 2」拡大イメージ(レンズを撮影した様子)

    「Quest」拡大イメージ(レンズを撮影した様子)

    しかもこの解像度は、同社のPC接続型VRヘッドセット「Oculus Rift S」や、他社ハイエンドモデルのHTC「Vive Cosmos」、Valve「Index」よりも細かい水準。Quest 2は安価で手軽に楽しめるモデルにも関わらず、PC接続型のハイエンドモデルよりも高解像度なのだ。

    表示がより高解像度化

    一方で、初代Questユーザーとして気になったところもある。Questでは有機ELを採用していたため、締まった黒による高コントラストと、鮮やかな発色を楽しめた。しかしQuest 2では液晶に変更されたため、どうしても発色が悪く、黒が浮いてしまう。

    もちろん、Quest 2だけで言えば十分にきれいなのだが、比較してしまうと全体的に白っぽく色あせた映像という印象。とはいえ、しばらくQuest 2を使っていると慣れて気にならなくなってくる。

    リフレッシュレートはどちらも72Hzだが、Quest 2は今後のアップデートで90Hzにも対応予定だ。

    処理性能の部分については、「Snapdragon 835」から「Snapdragon XR2 プラットフォーム」に変更されたほか、メモリは4GBから6GBに増加。解像度が上がったために処理性能が強化された部分もあると思うが、使ってみた感想では、全体的に動作がサクサクしたように感じる。

    これまでは細かい動作に性能不足を感じる部分もあったが、それがかなり解消されている。たとえばゲーム画面からホーム画面に戻る際、Questではもたつきがあったものの、Quest 2はすぐに表示される。しばらく使わないと見えてこない点もあると思うが、Quest 2では性能不足を感じる場面がなかった。

    バッテリーについては、ゲームで約2時間、動画視聴で約3時間。付属のUSB-C電源アダプタにより、約2.5時間でフル充電が行える。これは前モデルと同等の仕様となっている。

    実際に遊ぶと想像以上の進化。これは「買い」の製品だ

    ここからは、実際にゲームなどをプレイした感想をお届けしよう。

    まず装着だが、ヘッドストラップが柔らかいため、Questと同じ感覚で装着しようとすると手こずってしまった。個人で違いはあると思うが、記者的にはQuestで慣れてしまったからか、しっかりした装着感のほうが好み。そういった場合は別売で「Eliteストラップ」というものが用意されるので、付け替えることも可能だ。

    「Eliteストラップ」

    装着感としては、初代モデルが額と目の下の2点で固定する感覚が近い一方、Quest 2では本体もフェイスパッドも小型化されていることもあり、目の周囲全体で固定する感覚。ゆったりしたつけ心地のQuestと比較すると、少し窮屈に感じる。横幅の広い眼鏡だと、装着時に少し引っかかってしまう。一方で全体的にフィットしている感覚がするので、このあたりも好みが分かれそうだ。

    ゲームをプレイして個人的に進化を感じたのは、『The Climb』という、山の壁をひたすら登っていくゲーム。景色の良さも評判の人気タイトルだが、Quest 2では解像度が向上したということもあり、山肌の質感がリアルだ。景色も遠くまで見通せるので、登頂した際の感動も大きくなる。

    『The Climb』(ストアのスクリーンショット・PCブラウザ)

    6DoFではしゃがんだり立ったりできるので、『Pistol Whip』『Fit XR』といったエクササイズゲームも楽しい。また、自分の動きに合わせて時間が進むゲーム『SUPER HOT』では、体全体をつかって敵の攻撃をかわすこともできる。

    『SUPER HOT』(ストアのスクリーンショット・PCブラウザ)

    気がつけば汗をかいてしまうほど、ゲームに熱中してしまう。コロナ禍で体を動かす機会が減ってしまったが、VRだとゲーム感覚で楽しみながら体を動かす事ができるので、遊びながら健康にも貢献できる。

    一方で、音楽に合わせてブロックを切っていく大ヒットリズムゲーム『BeatSaber』は、初代Questも魅力的だった。鮮やかな赤と青のブロックはQuestのほうがより派手な色で見えるし、ステージが暗いので黒が引き締まる。高速で動くブロックを凝視せず視野全体で捉えるため、解像度の低さもあまり気にならない。そのため、Quest 2の映像にやや物足りなさを感じたのも事実だ。

    『BeatSaber』(ストアのスクリーンショット・PCブラウザ)

    もちろん、文字が出てくる場合には、高解像度の違いが圧倒的に活きてくる。ゲーム中の説明文も読みやすいし、アイテムや銃といったオブジェクトや景色などは、より細部のディテールまでじっくりと見ることができる。ゲームだけでなくブラウザで調べ物をしたり、リモートデスクトップでPC画面を表示させる場合にもメリットになるだろう。

    『Gun Club VR』(ストアのスクリーンショット・PCブラウザ)

    またQuest 2は前モデルに引き続き、PCとUSB接続してより高品質なグラフィックを楽しめる「Oculus Link」にも対応する。高性能PCが必要になるが、Quest 2本体とは違いプロセッサー性能の制約が無いため、その画質を最大まで活かしきることが可能なのだ。

    解像度の細かさは『Prime Video VR』や『YouTube』アプリで映像を見るときにも魅力的。ヘッドセットを装着するだけで、目の前に巨大なシアターが現れる。6DoFはゲームにしかメリットがないように思うかもしれないが、3DoFとは違い、首の前後移動でもスクリーンが動かないので、よりシアターにいる気分を味わえる。ゲームをプレイしない方も、“おひとりシアター” として購入するのもオススメだ。

    YouTubeやNetflix、Prime Videoといった動画視聴アプリも豊富に用意されている(ストアのスクリーンショット・PCブラウザ)



    Quest 2は初代モデルと比較すると、安くなった価格/軽量化と小型化/解像度とパフォーマンスの向上など、約1年半で想像以上の進化を遂げた。もちろん前モデルにしかない良さもあるが、それを上回るほどの魅力だ。

    しかも今作は価格が安くなっただけでなく、家電量販店でも購入できるなど、手に取りやすくなった。興味があっても踏み出せなかった方にとって、VRを始めるきっかけにもなると思う。この機種を皮切りにVRが本格的に普及していく、そう思えるような製品だ。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7B9C2376-0B38-4044-9FE0-F423308704D9

    PS5の予約はこちらから - PS5






    現在これがおすすめテレビ?


    REGZA 東芝 55V型地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ 55M530X
    東芝
    2019-06-12

    REGZAはゲームに特化しているので、PS5を購入予定の人にはおすすめです。 








    PS5のお勧めモニター一覧はこちら




    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    現在一番最適なPS5対応テレビ?



    +++++++++++++++++++++++++++++++++ 
    +++++++++++++++++++++++++++++++++

     



    ゲーム専用液晶テレビのおすすめ5選【普通のテレビとの違いは応答速度にあり?】

    ゲーム用液晶テレビは5つのポイントを意識して選ぶべきです。特に表示遅延と応答速度はゲームに悪影響を与える可能性が高いので、できるだけ速いテレビを選びましょう。 今回は5つのポイントを考慮して、おすすめのゲーム用テレビを5つ紹介します。 記事では、ゲームの遅延を少なくするための方法を紹介しているので参考にしてください。


     

    ゲーム用テレビを使った方が良い理由

    ゲーム用テレビを使った方が良い理由は2つあります。それは「画像処理の遅延が少ない」ことと「ゲームモードが搭載されている」ことです。

     

    普通のテレビはゲームをすることを目的としていないので、ゲーム用のテレビよりも処理速度が遅く映像が滑らかではないことがあります。ですが、ゲーム用のテレビはゲームを楽しみたい方のために作られているので、ストレスなくゲームに集中することができるのです。

     

    解像度は部屋の広さで決める


    テレビの解像度は部屋の広さで決めましょう。部屋の広さから解像度を選ぶことで、画質の粗さを気にすることなくゲームに集中できます。

     

    解像度とは、画素数の密度を表す値です。画面の中に小さな「ドット」があり、そのドットが細かいほど映像が精密になります。液晶テレビの解像度は「ハイビジョン」「フルハイビジョン」「4K」の3つの種類に分けられ、画面のサイズによって解像度が変わってくるのです。

     

    まず、「ハイビジョン」は27インチ以下の小型テレビ価格が低いテレビに使用されています。ドット数が1366×768と少ないので、画面サイズが32インチ以上だと映像の粗さを感じてしまうかもしれません。ですので、ワンルームの部屋や寝室で使用される方におすすめです。

     

    続いて、「フルハイビジョン」は32〜40インチのテレビに使われることが多い解像度です。50インチのテレビに採用されていることもあります。ハイビジョンよりもドット数が1920×1080と多いので、画面サイズも大きめです。6畳から12畳ほどのリビングで使用したい人に適しています。

     

    最後に、「4K」は43インチ以上のテレビで採用されていることが多い解像度です。ハイビジョンやフルハイビジョンよりも解像度が高く、ドット数は3840×2160もあるので、精巧な映像を楽しめます。4Kテレビは大画面の商品が多いので、12畳以上の部屋でゲームを楽しみたい人におすすめです。


    ゲーム用液晶テレビおすすめ5選

    ここまで、ゲーム用テレビを使った方が良い理由と液晶テレビの選ぶポイントについて紹介してきました。ここからはおすすめのゲーム用テレビを5つ紹介します。その内、1つだけ有機ELテレビが含まれているので、予算に余裕がある人は購入を検討してみてください。

    ソニー(SONY) ブラビア・BRAVIA KJ-49X9500G 4K 49インチ
    ソニー 49V型 液晶 テレビ ブラビア 4Kチューナー内蔵 Android TV機能搭載 Works with Alexa対応 2019年モデル KJ-49X9500G
    ソニー(SONY)
    2019-06-05


     
     PS4を販売しているソニーは、ゲームに特化したテレビを数多く開発しています。その中でも特におすすめなのが、こちらのテレビです。BRAVIAはゲーム用データベースが搭載されていることと4Kテレビとの相乗効果もあって、高画質臨場感のある映像を楽しめます。

     

    また、「リアルタイム処理能力」を従来の2倍にまで向上させた「X1 Ultimate」を搭載。それだけではなく、ソニーのノイズ低減技術と超解像処理用のデータベースを搭載することで、さらに高画質でノイズの少ない映像でゲームをすることができます。

     

    リビングルームでゲームをしたい方やPS4を楽しみたい人はこちらがおすすめです。

     

    東芝(TOSHIBA) レグザ・REGZA 50RZ630X 4K 50インチ





    反応の速さと画質の美しさを表現する「4K瞬速ゲームダイレクト」に対応した液晶テレビです。家庭用ゲームに対応していて、思う存分ゲームに集中できます。高画質のままで画像処理の遅延時間を約0.83mcに短縮するので、素早い操作が必要なゲームも快適に楽しめます。

     

    また、ゲームモードも搭載されているので、ボタンを押したのに反応しないというストレスを軽減してくれます。

    こちらのテレビは家庭用ゲームだけ対応している訳ではなく、1秒間に画面が60回ほど書き換わる「60P出力」のPCゲームにも対応しています。そして4Kの解像度のままでゲームを楽しめるので、色んなタイプのゲームを楽しみたい人におすすめです。


    パナソニック(Panasonic) ビエラ・VIERA TH-49GX855 4K 49インチ
    【2020年06月26日発売】 パナソニック Panasonic 液晶テレビ VIERA(ビエラ) TH-43HX850 [43V型 /YouTube対応][テレビ 43型 43インチ]
    【2020年06月26日発売】 パナソニック Panasonic 液晶テレビ VIERA(ビエラ) TH-43HX850 [43V型 /YouTube対応][テレビ 43型 43インチ]


    色を忠実に再現する映像処理技術「ヘキサクロマドライブ」を採用した液晶テレビです。この技術はビエラの独自技術で、「3次元カラーマネジメント回路(3D-LUT)」の映像処理技術が色のコントラストを美しく表現します。さらに「AI HDRリマスター」搭載で、AI技術により美しい映像に切り替えます。

     

    また、映像だけではなく立体的な音響を楽しめるのも特徴の一つです。スピーカーと一緒に揃えていただければ、上下左右から3次元で迫力のある音を体感できます。

     

    画質だけではなく音響にもこだわりたいと言う人におすすめです。



    ハイセンス(Hisense) 43E6800 4K 43インチ

    Hisense ハイセンス 液晶テレビ 4Kチューナー内蔵 50V型 50インチ 50E6800 地上・BS・110度CSデジタル ゲームモード NEOエンジン
    Hisense ハイセンス 液晶テレビ 4Kチューナー内蔵 50V型 50インチ 50E6800 地上・BS・110度CSデジタル ゲームモード NEOエンジン

    NEOエンジンが搭載されている液晶テレビです。このNEOエンジンが4Kの画質の能力を思う存分発揮して高繊細高コントラストな映像を楽しむことができます。

     

    低遅延ゲームモード」が搭載されているので表示遅延を縮小するだけでなく、ノイズ感も軽減します。さらに「フレーム補間(SMR)」が美しくなめらかな映像を実現。ストレスなくゲームに集中できます。

     

    至れり尽くせりですがコストパフォーマンスに優れているので、価格重視でテレビを選びたい人におすすめです。3年間の保証もついてくるので、電化製品が苦手な人にも良いでしょう。


     


     


    PS5のお勧めモニターはこちら

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    PS5の数倍すごいVRマシン
    ついに発売
    Oculus Quest 2—完全ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット—256GB



    プレイステーション5 11月12日(木)発売決定

    PS5デジタル・エディション希望小売価格:39,980円、PS5 希望小売価格:49,980円

    2020年9月17日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)はプレイステーション5(PS5)の予約受け付けを、明日2020年9月18日午前10時から全国のプレイステーション取扱販売店の店舗や、ECサイトで開始すると発表した。あわせて、周辺機器の価格等も公開。 

    PS5のコントローラーである“DualSense ワイヤレスコントローラー”は、単品では6980円[税抜]。 



    PS5およびPS5デジタル・エディション両モデルともに、CPUと4Kの高精細グラフィックスを可能にするGPUが統合されたカスタムプロセッサ、ゲームのロード時間を過去のものにする超高速アクセスが可能なSSDと統合されたカスタムI/Oを搭載し、圧倒的な没入感を演出するDualSense ワイヤレスコントローラーと3Dオーディオ技術などにより、どちらのハードをお選びいただいても全く同じゲーム体験をお楽しみいただくことができます。 

    「昨年、PS5を発表して以来、世界中のデベロッパーの皆さま、そしてファンの皆さまより、驚くほどの期待の声をお寄せいただき大変嬉しく思います。PS5がお届けするゲーム体験は、ビジュアル、感触、音、ゲームプレイなど、ユーザーの皆さまの想像を超える、まさに次世代のものとなるでしょう。11月の発売まであと2か月となりますが、皆さまが実際にお手に取り、その驚異的なスピードと、思わず息を呑むほどの最高の没入感を体験していただける日を心待ちにしております。ぜひご期待ください。」

     社長 兼 CEO ジム・ライアン 





    予約店一覧   リンク必須
    穴場ですひかり
    【ひかりTVショッピング】


    ソニーストア

    ビックカメラ

    ヤマダ電機

    ヨドバシカメラ

    ノジマオンライン

    ジョーシン


    ゲオオンライン 
    https://geo-online.co.jp/campaign/special/game/g_PlayStation5_info.html 

    コジマネット 
    https://www.kojima.net/ec/special/CKjSfSpecialPage4.jsp?dispNo=006510 

    アキバソフマップ 
    https://a.sofmap.com/contents/?あ


    新規タイトル発表


    • デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション』[カプコン]
    • FINAL FANTASY XVI(ファイナルファンタジー16)』[スクウェア・エニックス]
    • Five Nights at Freddy’s Security Breach』[Steel Wool Studios and ScottGames]
    • Hogwarts Legacy』[Warner Bros. Games]
    • ゴッド・オブ・ウォー 新作』[サンタモニカスタジオ]

     既に発表済みの『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』や『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』、『Demon’s Souls』などユニーク且つ豊富なタイトルが揃い、プレイステーション史上最高の充実したラインアップとなっています。PS5専用となるSIEワールドワイド・スタジオ(SIE WWS)のソフトウェアは、発売時において5,900円から7,900円の価格を予定しています。

     さらに、世代の移行期において、PlayStation 4(PS4)の巨大なコミュニティへのサポートを継続するため、一部のSIE WWSタイトルについてはPS4版の制作を並行して進めています。『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』、『リビッツ!ビッグ・アドベンチャー』そして『Horizon Forbidden West』については、PS5の超高速SSDやDualSense ワイヤレスコントローラーの性能を活かした作りになっていますが、PS4でもお楽しみいただけるよう準備を進めており、PS5版の発売と同時にPS4版も発売予定です。これらのタイトルのPS4版をお買い求めいただいた場合、追加費用なしにPS5版にアップグレードすることが可能です。 

    また、周辺機器の価格についても以下のとおり決定いたしました。

    • DualSense ワイヤレスコントローラー(単品):希望小売価格 6,980円/69.99ドル/69.99ユーロ
    • PULSE 3Dワイヤレスヘッドセット:希望小売価格 9,980円/99.99ドル/99.99ユーロ
    • HDカメラ:希望小売価格 5,980円/59.99ドル/59.99ユーロ
    • メディアリモコン:希望小売価格 2,980円/29.99ドル/29.99ユーロ
    • DualSense 充電スタンド:希望小売価格 2,980円/29.99ドル/29.99ユーロ

    SIE WWSがお届けするPS5と同時発売タイトル 

    • Astro’s Playroom』(JAPANスタジオ):PS5本体にプリインストール
    • 『Demon’s Souls』(Bluepoint Games / JAPANスタジオ):希望小売価格 7,900円/69.99ドル/79.99ユーロ
    • Destruction AllStars』(Lucid Games / XDEV):希望小売価格 7,900円/69.99ドル/79.99ユーロ
    • 『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』(Insomniac Games):希望小売価格5,900円/49.99ドル/59.99ユーロ
    • Marvel’s Spider-Man: Miles Morales Ultimate Edition』(Insomniac Games):希望小売価格7,900円/69.99ドル/79.99ユーロ
    • 『リビッツ!ビッグ・アドベンチャー』(Sumo Digital / XDEV):希望小売価格 6,900円/59.99ドル/69.99ユーロ


    「プレイステーション 5」概要

    CPU

    • x86-64-AMD Ryzen “Zen 2”
    • 8コア/ 16 スレッド
    • 周波数:最大3.5GHz まで可変

    GPU

    • AMD Radeon RDNA 2-based graphics engine
    • レイトレーシングアクセラレーション
    • 周波数:最大2.23GHz まで可変(10.3 TFLOPS)

    システムメモリ

    • GDDR6 16GB
    • バンド幅:448GB/s

    SSD

    • 825GB
      読み込み速度:5.5GB/s Read Bandwidth(Raw)

    光学ドライブ(読み出し専用)

    • Ultra HD Blu-ray (66G/100G)~10xCAV
    • BD-ROM(25G/50G)~8xCAV
    • BD-R/RE(25G/50G)~8xCAV
    • DVD ~3.2xCLV

    PS5 ゲームディスク

    • Ultra HD Blu-ray(100GBまで)

    映像出力

    • HDMI OUT端子
    • 4K 120Hz TV、8K TV、VRR 対応(HDMI2.1規格による)

    オーディオ

    • “Tempest” 3Dオーディオ技術

    外形寸法(最大突起部、ベース除く)

    • PS5: 約390mm×104mm×260mm(幅×高さ×奥行)
    • PS5デジタル・エディション: 約390mm×92mm×260mm(幅×高さ×奥行)

    質量

    • PS5: 約4.5kg
    • PS5デジタル・エディション: 約3.9kg

    最大消費電力

    • PS5: 350W
    • PS5デジタル・エディション: 340W

    入出力

    • USB Type-A 端子(Hi-Speed USB)
    • USB Type-A 端子(Super-Speed USB 10Gbps) x2
    • USB Type-C 端子(Super-Speed USB 10Gbps)

    通信

    • Ethernet(10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)
    • IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax
    • Bluetooth 5.1

    「DualSense ワイヤレスコントローラー」概要

    外形寸法(最大突起部除く)

    • 約160mm×66mm×106mm(幅×高さ×奥行)

    質量

    • 約280g

    ボタン

    • PSボタン
    • クリエイトボタン
    • オプションボタン
    • 方向キー(上/下/左/右)
    • アクションボタン(△ボタン/○ボタン/×ボタン/□ボタン)
    • R1/L1 ボタン
    • R2/L2 ボタン(トリガーエフェクト)
    • 左スティック/ L3 ボタン
    • 右スティック/ R3 ボタン
    • タッチパッドボタン
    • MUTEボタン

    タッチパッド

    • 2点式タッチパッド
    • 静電容量方式
    • クリック機構

    モーションセンサー

    • 6軸検出システム(3軸ジャイロ、3軸加速度)

    オーディオ

    • 内蔵マイクアレイ
    • 内蔵モノラルスピーカー
    • ステレオヘッドセットジャック
      出力 : 48kHz/16bit, 入力: 24kHz/16bit

    フィードバック

    • トリガーエフェクト(R2/L2 ボタン)
    • 振動機能(デュアルアクチュエーターによるハプティックフィードバック)
    • ランプ(ライトバー/ プレーヤーランプ/ MUTEランプ)

    端子

    • USB Type-C端子(Hi-Speed USB)
    • ステレオヘッドセットジャック
    • 充電用端子

    通信

    • 無線 Bluetooth 5.1
    • 有線 USB connection(HID, オーディオ)

    電池

    • 種類:内蔵型リチウムイオン充電池
    • 電圧:DC 3.65V
    • 容量:1,560mAh

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    無事逮捕されたようです
    87EAED02-92A0-4CE7-9B22-55A43F75B387




    世間を騒がせている虐待動画

    動画配信サービス・ツイキャスやふわっちなどでライブ配信を行っている「こっちん」が14日に行った配信の中で、夫が子どもに暴力を振るう場面が映っていたとして、大きな騒動になっている。


    動画はこちらから↓


    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1305869540736339973/pu/vid/886x486/7OnxqVaHyNRIV2aH.mp4?tag=10



     問題となっているのは、14日夜に行っていた生配信。部屋の一室に場所にカメラが設置され、家族の日常風景が延々と映されたライブ配信となっていたが、その中で、こっちんの夫と、こっちんの連れ子である2歳の息子が部屋の隅で横になっていたが、別の子どもの泣き声が聞こえ始めると、夫はゆっくりと顔を上げ、息子の頭を肘で強く殴打。殴った夫は別室に移動し、息子は泣きながら夫とは別の部屋に行こうとしていたが、夫はそれを追いかけて捕まえ、泣き叫ぶ息子に対し「お前は寝ろ」と言いながら、別室に消えていくという動画になっていた。

    PS5の予約はこちらから 先着順? - PS5


     おとなしく横たわる息子を突然肘で殴ったことや、殴打の瞬間、「ゴン」という大きな音が聞こえたこと、さらに、別室に消えた際にも「ドスン」と子どもを放り投げたと受け取られかねない音が響いたりしたことや、横でゲームをしていた別の子どもがその殴打に対しまったく反応しなかったことなどから、配信後、ネットを中心に大きな騒動に。「連れ子への虐待では?」「他の子どもが全く反応しないって日常化してるんじゃないの?」「あんな小さな子どもを突然殴りつけるっておかしい」といった批判の声が相次ぎ、児童相談所へ通報したといった報告も多く聞かれた。

     その後、こっちんは再び配信を行い、配信の録画と夫からも事実を確認したとした上で、肘で殴ったことは事実だと謝罪。自身はその際、キッチンでミルクを作っていたために現場は見ていなかったというものの、夫が子どもを寝かせようとしていた際の一連の行動だったと説明した。暴力については「初めて」だといい、配信に出演した夫も今回の経緯について、「寝かせようと思って横にならせてたんですけど、なかなか寝なくて。感情的になってしまって、やってしまって」と告白。殴打した後、布団に連れて行ったものの、直前に食べた納豆の臭いがしたためお風呂に入れて、再び寝かしつけたというその後の行動も明かし、「感情的になったのは本当にすみませんでした。気をつけます」と謝罪していた

     15日になり、こっちんはツイッターで改めて謝罪し、「警察、児相さんと家族で話し合っていきます」「皆さんの信用を取り戻せるよう今後頑張ってまいります。温かく見守っていただけたら幸いです」とつづったものの、子どもの心の傷を心配する声や、夫との別れを勧める声も相次いでいる。

     虐待とも受け取られかねない衝撃的な動画だっただけに、謝罪後も非難が相次いでいる。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    上記商品、Amazon以外の発送業者に1円送料無料の業者あり
    試してみたが実際に1円で購入可能
    届くかどうかはわからんが、皆もお試しあれ! 



     ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は9月17日、次世代ゲーム機「PlayStation 5」(PS5)を11月12日に発売すると発表した。希望小売価格は4万9980円(税別、以下同)。予約は全国の販売店で9月18日から受け付ける。 

      このエントリーをはてなブックマークに追加



      このエントリーをはてなブックマークに追加
    女子高生の着替え
     https://video.twimg.com/ext_tw_video/1292416892435488768/pu/vid/568x320/Mh1Tlt2dgqQgpcCf.mp4?tag=10 






    上のは消えたのでこちらをどうぞ

    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1273836106342035456/pu/vid/1280x720/pqdif5IbZBfhd8oc.mp4?tag=10

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【2000円OFFクーポン配布中】テレビ 55型 4K 55インチ液晶テレビ JU55SK03 メーカー1,000日保証 地上・BS・110度CSデジタル 外付けHDD録画機能 ダブルチューナー maxzen マクスゼン
    【2000円OFFクーポン配布中】テレビ 55型 4K 55インチ液晶テレビ JU55SK03 メーカー1,000日保証 地上・BS・110度CSデジタル 外付けHDD録画機能 ダブルチューナー maxzen マクスゼンまさに




    〝偽善〟は不滅と言ってもいいだろう。

    今年も日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ」の時期になった。コロナ禍で一時は開催が危ぶまれたが、商魂たくましい日テレが、今やドル箱番組にもなった24時間テレビを、そんな簡単にやめるはずがない。

    24時間テレビ 愛は地球を救う

    事実、日テレの小杉善信社長は24時間テレビの放送について、

    「一度休止すると、電動車いすやリフト付きバスなどを毎年待っていらっしゃる方々に届けられなくなり、私たちの使命を果たせなくなってしまう」と前置きした上で、

    「24時間テレビの精神を番組で伝え、視聴者の皆さまから寄付を頂き、それをしっかりと一円残らず届けることを実現するのが、放送局の使命と考えている」

    などと意欲を語っていた。

    と言うわけで、8月22、23日に予定通り東京・両国国技館から放送されることになった。

    もっとも、筆者は「偽善」と難癖を付けてはいるが、24時間テレビは今回で43回目。いくら「偽善」だと吠えようとも、ここまで続いたら「本物だろう」との声も多いのも確かで、まさに「継続は力」である。

    こうなると、これでもかこれでもかと「善意」を叫び続け、まんまとチャリティーを「オイシイ商売(ビジネス)」に仕立て上げてしまった日テレの戦略には「お見事!」と言うしかない。恐れ入るばかりだ。

    新型コロナウイルスに「武漢型ウイルス」があるなら、24時間テレビは、間違いなく「日テレ型チャリティー・ビジネス」である。さすがに〝ペテン〟とまでは言わないが、公共の電波を使った世界に例を見ない「究極の偽善番組」だろう。

    チャリティーに弱い日本人

    写真AC

    それにしても、しみじみ日本人というのは「チャリティー」とか「善意」といった言葉に弱いと思ってしまう。もちろん、それを悪いとは思わない。ある意味で日本人の「美徳」だろう。しかし、場合によっては「人がいい」「騙されやすい」と言えなくもない。

    24時間テレビは、そんな日本人の「美徳」を見事に利用し、チャリティーをビジネスとして優良コンテンツ化させた。

    実際、視聴率を見ても分かる。

    昨年の全平均世帯視聴率は、歴代13位の16.5%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)。この数字は前年の15.2%を上回るものだった。

    「瞬間最高視聴率は39.0%でした。24時間駅伝のアンカーだったいとうあさこが、番組終了時間が迫る中、国技館を目指し懸命に走る姿に注目が集まったのです。放送時間内のゴールは出来ませんでしたが、その感動を次の番組『行列のできる法律相談所』に繋げ、ゴール直後のいとうあさこらを生中継。

    しかも、ゴール時の模様もVTRで伝えた。その結果、『行列のできる法律相談所』の瞬間最高視聴率は35.4%をマークしました」(日テレ担当の放送記者)

    こうして見ると、24時間テレビの〝継続の力〟は番組のコンセプトである「善意」と同時に、放送現場の「感動の演出」が、回を重ねるごとに学習能力として備わっていったことが分かる。

    昨年の24時間テレビをリアルタイムで視聴した人(推計全国番組視聴人数)は、日テレの発表によると、何と日本全国で8367万4000人もいたと言うのだ。

    「この数字は、個人全体の4才以上における1分以上の番組視聴を〝見た〟と定義し、調査地区ごとに推計視聴人数を算出して全国化したものです。『推計全国番組視聴人数』は、『ユニーク視聴人数』であって、視聴者の重複はないものとされています。ザッピングして何度かチャンネルを合わせた場合も1カウントとしています」(日テレ関係者)

    ちなみに、これは24時間テレビを放送していたネット30局のうち、ビデオリサーチで機械式視聴率調査を実施していない山梨、福井、徳島、宮崎地区を除いた26地区(局)が対象で、放送開始から終了までを対象に集計している。

    「日テレの視聴者獲得戦略が見事だったことは確かです。例えば、駅伝では4人目のランナーだった水卜麻美アナの出場発表を放送当日に行ったこともその一つ。その効果もあって、放送開始から20.5%と言う高数字でスタートしました。情報のコントロール力には学ぶべきことが多いですね」(ライバル局のプロデューサー)

    この数字は昨今の「テレビ離れ」が叫ばれる中で異常なことである。と言うより、それほど日本人は「善意」や「感動」を共有したいのかと思ってしまう。

    嵐ラストイヤー サプライズはあるのか

    Getty Images

    そこで今年の24時間テレビである。

    メインパーソナリティーはV6の井ノ原快彦をキャプテンに、NEWSの増田貴久、Kis-My-Ft2の北山宏光、ジャニーズWESTの重岡大毅、King&Princeの岸優太の5人が務める。

    「世代もグループの垣根も超えた顔ぶれで挑む」(関係者)

    と言うが、どこか寄せ集め感が漂ってくる。

    「当初は、嵐が〝顔になる〟と言われていたのですが、発表されたメンバーに嵐の名前は全く出てきませんでした。急場しのぎで井ノ原をメインに据えたのかもしれませんが、全体的に小ぶりな印象は拭えません。番組としては今年で解散する嵐は何としてでも出したいはず。コロナ禍でマラソンを中止したのでなおさらでしょう。嵐のラストイヤーは絶対に譲れない演出なので、日テレとしても頭を抱えていると思いますよ」(放送関係者)

    ただ、百戦錬磨の日テレのこと。嵐の出演を実現させる「奥の手」は考えているはず。新国立競技場で無観客ながらも〝感動のライブ〟なんてことも十分に考えられる。

    「最近、嵐の松本潤が、自ら担当してきた嵐のステージの演出について盛んに語っています。もしかしたら、それは24時間テレビに向けて、ジャニーズが環境作りをしているのかもしれません。松本潤のステージ演出で奇抜なライブが実現したら、24時間テレビにとっては大きな目玉になります。ジャニーズにしても24時間テレビは特別なものでしょうし…。

    プラスアルファとしては、ジャニーズの所属グループが期間限定ユニットで結成した『Twenty☆Twenty』の登場なんかも十分あるでしょう。それこそチャリティー・ソング『smile』を歌って盛り上げる演出も考えているかもしれませんね」(音楽関係者)

    いずれにしても、「感動」を演出し視聴率を上げさえすれば、自然に「善意」の募金は集まると言うわけだ。

    昨年の募金額は、放送終了時までに約6億9000万円が集まり、前年を約4億円上回った。

    「今年は国技館での対面募金は行いません。リスクを避け安全安心を第一に放送していきます」(小杉社長)と言うだけに、募金額にも大きな影響を及ぼしそうだが「昨年と同額を目指したい」と現場関係者は意欲を見せる。

    「小杉社長も言っていますが、24時間テレビの精神というのは、視聴者から寄付を募って電動車いすやリフト付きのバスを贈ることなのです。ところが、日テレはチャリティーでスポンサーを集めて金儲けをしているだけ。そもそも『24時間テレビに協力しています』なんてスポンサーはアピールしていますが、それも日テレの利益です。『愛は地球を救う』と言うより『愛は日テレを救う』なんて言う声もあるほど。大体、電動車いすやリフト付きのバスを贈っても、その後の維持費は施設が負担していくわけですからね。バスは人件費も含め維持費は大変です」(前出の放送関係者)

    「営業ギャラ」が美味しい24時間テレビ

    さらに、出演者の所属事務所も24時間テレビの場合は頭の中が計算機に変わる。

    「24時間テレビは、ギャラの算出が〝放送ギャラ〟ではなく、いわゆる〝営業ギャラ〟で要求するのが通常だと言われています。出演者が呼び掛けたり、感動を与えることで視聴者から募金を集めるのだから、それは、チャリティーであっても『立派な営業活動』という考えなのです。

    つまり、テレビ局、出演者と視聴者との間には大きな認識の違いがある。今年は中止になりましたが、24時間マラソンはギャラが1000万円と言われています。走る方からしたら『慈善で苦しい思いまでして走れるか!』ってことでしょう。

    もっとも、中には24時間テレビに出ない大物芸人やタレントもいます。彼らは、チャリティー番組に対して、基本的な意識の持ち方が違うと言われていますが、中には『チャリティーだからギャラはいらない』なんて言い出すタレントもいるそうで、それは他の事務所の面子や関係もあって『ノーギャラでは困る』ということになるようです」(放送記者)

    昨今は度重なる災害などでチャリティーやボランティア活動をするタレントが増えている。しかし、それが24時間テレビとなると取り組み方が一変する。つまり「善意」が「偽善」に変わってしまうのである。

    結局、24時間テレビというのはチャリティーという以前に日テレの「年に一度の募金集め偽善番組」だと最初から認識しているのだろう。

    【PS4】サイバーパンク2077
    スパイク・チュンソフト
    2020-11-19


      このエントリーをはてなブックマークに追加

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    車全然前みてねぇ みなさん気をつけて #事故映像 #危険運転 #車事故 #衝撃映像 #車

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    A57E35EC-5F9C-42BC-A489-2B108A6BB719
    3C8F57DC-FBD1-46F9-9BF9-58C699BFBF5A


    VR作品見放題!14日間無料トライアル



    0B219FF5-C63F-4552-9AA1-86240DF3BA44
    383E4E38-DD24-4B88-ADFC-81656C9644FB





      このエントリーをはてなブックマークに追加

     マイクロソフトの次世代ゲーム機“Xbox Series X”の海外発売時期が2020年11月となることが発表された。一方、同ハードに対応するFPSシリーズ最新作『Halo Infinite』が2021年発売に延期されることも告知されている。

     E33C9EA8-47B9-4599-8F29-98FB21C207A0

    Xbox Series Xは、4K解像度や秒間最大120フレーム(120FPS)の高速描画に対応した最新ゲーム機。同ハードに最適化された50タイトル以上の新作が今年登場予定であるほか、これまでのXboxシリーズで発売されたタイトルも40タイトル以上が新たに最適化され、互換タイトルとともにプレイ可能とされている。

     なお『Halo Infinite』を開発する343 Industriesの代表クリス・リー氏による声明によると、同作の発売延期の決定は新型コロナウィルスをはじめとするさまざまな要素が影響しており、開発メンバーの健康なども考慮すると当初の予定であった今年のホリデーシーズンの発売に向けて(無理に)仕上げるのが難しいと判断したのだという。



     『Halo Infinite』は、セミオープンワールド的な作りの広大なフィールドを舞台に、シリーズの主人公であるマスターチーフの新たな戦いを描くシリーズ最新作。Xbox Series XだけでなくXbox OneとPCにも対応する。なおXbox Series Xでは120FPS動作することや、マルチプレイ部分が基本プレイ無料でも提供される事が明かされている。

    Marvel’s Avengers (アベンジャーズ)
    Marvel’s Avengers (アベンジャーズ)

     


     


      このエントリーをはてなブックマークに追加


    女の子お尻にタトゥー入れてしまう動画


     


      このエントリーをはてなブックマークに追加


     


    TikTok撮影しながら幼児用ブランコで遊んでいた14歳の少女がお尻が抜けなくなり通報、それを救助する際の映像。これはまた叩かれそうだなぁと思うと同時に14歳でこの発育っぷり・・・と驚いた。スタイルが良すぎて大人にしか見えねえ。 








    人間の恐ろしさ
    オスのヒヨコは即殺処分の現実
     



      このエントリーをはてなブックマークに追加


    ニューヨークのハーレムにあるボデガ(食料雑貨店)で黒人の一団が父娘を集団リンチし、41歳の父は顔面を殴られ意識を失い、22歳の娘はズボンを脱がされ殴る蹴られの暴力を受けました。何故こんな事になったのかは不明との事。抗議デモの一件から黒人による集団暴力みたいな事件が増えていますね。 


    遂に19800円


    このページのトップヘ